テーブルの変換方法

|
他のデータベースのデータをIEEへ移行する際には、IEEに新たにテーブルを作成する必要がありますが、旧データベースで使用していたデータ型がIEEでも利用できるとは限りません。
今回は代表的な3つのデータベースを例に、他のDBのDDLをIEEで利用可能なDDLへ変更する方法を紹介します。

OracleからInfobrightへ変換:

・ MEDIUMTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ LONGTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ DOUBLE(A,B)をDECIMAL(A,B)へ変換。
・ INTEGERをBIGINTへ変換。
・ VARCHAR2/CHAR2をVARCHAR/CHARへ変換。


SQL ServerからInfobrightへ変換:

・ MEDIUMTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ LONGTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ DOUBLE(A,B)をDECIMAL(A,B)へ変換。
・ MONEYをDECIMAL(18,4)へ変換。
・ SMALLMONEYをDECIMAL(6,4)へ変換。
・ INTEGERをBIGINTへ変換。
・ NCHAR/NVARCHARをCHAR/VARCHARへ変換。
・ NUMBERをINTEGERへ変換。
・ NUMBER(A,B)をDECIMAL(A,B)へ変換。


MySQL (MyISAM)からInfobrightへ変換:

・ MEDIUMTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ LONGTEXTをVARCHAR (N)へ変換。'N'には必要なサイズを入力。
・ DOUBLE(A,B)をDECIMAL(A,B)へ変換。


★Have a nice open source day★
KSK Analytics Infobright Team