IEE 4.8.0がリリースされました。

| | コメント(0) | トラックバック(0)
先日Infobright社よりIEE 4.8.0がリリースされました。

IEE 4.8.0にはメモリ管理や関数の扱いなどの内部処理に対する改修が多く
含まれますが、目に見える大きな変更点としては以下の3点が挙げられます。

- Infobrightライセンス
これまで、IEEを利用するのにライセンスファイルは必要ありませんでしたが、
4.8.0からは契約時にInfobright社から提供されるライセンスファイルを登録
しないとご利用頂けなくなりました。

- ファイル、パラメーター、エンジンの名称
IEEが利用する多くのファイル名、パラメーター名、それらの設定箇所が変更されました。
また、これまでIEEは「brighthouse」という独自のエンジンを使用していましたが、
この名称は4.8.0より「infobright」へと変更されました。

- ログの強化
以前のバージョンでは、ログはbrighthouse.logとbh.errに出力されていましたが、
4.8.0からこれらのログはローテーション機能を持った「infobright.log」に出力
されるようになりました。
また、パフォーマンスの調査に有効なFET(Function Execution Time)ログも追加されました。

これらの変更に関する詳細はInfobright社から提供されているUser GuideとRelease Noteに
記載されています。弊社からもIEE 4.8.0の体験版と共に日本語化した各ドキュメントを
ご提供しておりますので、よろしければこちらからお申込みください。

★Have a nice open source day★
KSK Analytics Infobright Team

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IEE 4.8.0がリリースされました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog.infobright-partner.jp/mt/mt-tb.cgi/358

コメントする