インポート/エクスポート時のデータフォーマットの指定

| | コメント(0) | トラックバック(0)
IEE-MySQLがインポート/エクスポートするファイルの形式はinfobright.cnfファイルのBH_DATAFORMATパラメーターで指定する事ができ、このパラメーターに指定する値により使用するローダーも変わります。

BH_DATAFORMATパラメーターには以下のいずれかの値を指定します。

・txt_variable 
・binary
・infobright
・mysql

txt_variableはテキスト形式のデータのインポート/エクスポートを行い、ロードにはInfobrightローダーが使用されます。

binaryはバイナリ形式のデータのインポート/エクスポートを行い、ロードにはInfobrightローダーが使用されます。

infobrightはDLPが生成する圧縮形式のデータのインポートを行い、ロードにはInfobrightローダーが使用されます。

mysqlは一般的なMySQLの形式のデータのインポート/エクスポートを行い、ロードにはMySQLローダーが使用されます。

txt_variableまたはbinaryを指定するとinfobrightエンジンが利用される為、より効果的にエクスポートを行う事ができます。MySQLを指定するとエクスポートにはMySQLエンジンが使用されます。

★Have a nice open source day★
KSK Analytics Infobright Team

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: インポート/エクスポート時のデータフォーマットの指定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog.infobright-partner.jp/mt/mt-tb.cgi/361

コメントする