推奨のメモリ設定

| | コメント(0) | トラックバック(0)
Infobrightは8GB以上のメモリがインストールされた環境で利用する事が推奨されており、複数のクエリを同時に実行する場合は各クエリが2GB~4GB以上のメモリを利用できるのが理想的です。
メモリが容量が少ないとパフォーマンスは低下し、場合によってはOutOfMemoryが発生する場合もあります。

infobright.cnfファイルのServerMainHeapSizeオプションはInfobrightエンジンが利用するメモリ容量を制限します。Infobrightはインストール時にシステムの空きメモリ容量を確認し、ServerMainHeapSizeには空きメモリ容量の60~70%の値が自動的に設定されます。
ServerMainHeapSizeの設定値は大きいほど良いので、実際のシステムのメモリ容量とServerMainHeapSizeの設定値に大きな差がある場合は手動でinfobright.cnfを編集して設定値を変更するのが良いでしょう。

★Have a nice open source day★
KSK Analytics Infobright Team

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 推奨のメモリ設定

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.blog.infobright-partner.jp/mt/mt-tb.cgi/362

コメントする